井上隆史『三島由紀夫 虚無の光と闇」』

井上隆史『三島由紀夫 虚無の光と闇」』、なるほど、これまでの思索に、膨大な、そして、ある意味なお特権的な資料にふれた誠実な研究者の書。